ささくれ~あなたの暮らしに小さなきっかけ~

このブログは現在、高知県の限界集落で生活しながらフリーランス生活を送るしらボーのブログです!過去には辻の料理学校を首席で卒業し、恵比寿の三ツ星レストランへ就職するも挫折、様々な経験を経て現在はライターや料理人もやっています。僕の考えややりたいことを書いてます。

人の意見はどこまで聞き入れるべきなのか

こんにちは!しらぼーです。

 

 

先日、この記事の中で話した友人との話題で

当時その考え方っていいなぁと思ったことが

あったので伝えます。

 

 

 

www.shirasakayudayo.com

 

 

先に結論から言うとこんな感じ

 

 

 

人の意見はどこまで聞き入れるべきなのか

 

 

 

自分以上に自分のことを想う存在を知った

 

 

これまでに悩んだことありませんか?

僕は中学生まで人の意見を聞き入れるということが

苦手でした。

 

 

 

自分が正解だと思っていたし、

人の意見に従って不都合なことが起こったときに

その人のせいにしてしまうからです。

 

 

 

だったら最初から全部自分で決めて

失敗した方が良い。

そう思っていました。

 

 

 

ただ高校生に上がる直前、進路のことで

母親と大きくもめたことがきっかけで

 

 

 

自分以上に自分のことを考えてくれる

存在を知ってからは、人の話を必ず一度は聞き入れ

自分の中に落とし込むように意識してきました。

 

 

 

 

周囲とのズレ

 

 

 

小学生の頃はもっと多くの人と友達になりたい!

との理由で学区外の中学校へ進みました。

知っている人は4人しかいない環境でした。

 

 

 

もうその時点で周囲は

「ほんとにいいの?」「大丈夫?」と

どうも府に落ちていないご様子。

 

 

 

一度、満足した、楽しめた環境は

すぐ飽きてしまうんです。

 

 

 

今、パッパッと具体的なエピソードが

出なさ過ぎて諦めましたが、

感覚としてずっとどこかズレていると思っていました。

 

 

 

ただ、気の合う友達もいました。

そういう人とは、5,6年たった今でも会います。

 

 

 

しかも面白いなぁと思うことに、現在

みんな同年代やその年ならこんな感じ?

といった世間の常識とはちょっとズレたことをしてるんです。

 

 

 

歌手がいたり、起業していたり、飲食店を始めていたり

役者がいたり、就活に一ミリの焦りもなかったり、などなど

 

 

 

今、改めて考えると

「自分を持っていて、自分を信じている人」達でした。

 

 

 

そんな友人に僕は先日、質問をしました。

 

 

 

どこまで人の意見を聞き入れてるの?

 

 

 

このちょっと癖のある質問を

その友達にしたかった理由がありました。

 

 

 

その友人はシンガーソングライターなんですが

 

 

 

学校は一度も同じになったことはなく

共にテニスをしていて、その試合会場でたまたま話して

それから今日までずっと友人です。

 

 

 

シンガーソングライターやブロガーなど

自分から表現していく職業って自分べース

発信していくわけなので自分というものが絶対的に必要です。

 

 

 

ただ、僕は自分というものを過信して

失敗してきた過去もあり、

どこまで自分を信じて貫いていくものかという考えに

興味がありました。

 

 

 

そこで、この質問をぶつけてみたわけです。

 

 

 

もう少し当時の具体的な質問を掘り返すと

 

相手の意見が自分の考えと明らかに違うと感じた時

その考えは受け入れるの?

 

取り入れようと努力するの?

 

 

 

10-3にするのではなく、10+(3)にしておく

 

 

どういうことかというと

 

 

自分の考えを10とした時に

相手からのアドバイスで10の内3つ

共感できない感覚、受け入れがたい考えがあったとき

 

 

僕はこれまでその「3」を受け入れらるように

するべきだと考えていました。

 

 

 

ですが彼は、その「3」は分からないままでいい

言うんです。

 

 

 

その「3」は否定せず、そんな考えもあるのかぁと

引き出しを増やしそっとしまっておく。

 

頭のすみでぷかぷかと浮かべておくんだそうです。

 

 

 

アーティストとして成長する際にも

周りから学ぶべきこと、聞き入れるべきアドバイス

たくさんあります。

 

 

 

ですがそれと同時に、

人と同じことをしてはいけない。

周囲の声は気にするな!といった

 

 

 

一見、矛盾しているような一面もあります。

 

 

 

僕は考えすぎるタイプなのでこうした抽象的な

こと考えだす思考のループにはまってしまいます。

 

(それと合わせて答えをすぐに求めがちなので大変、、)

 

 

 

なので、今回の考え方は僕にとって

大きな気づきになりました。

 

 

 

まとめ

 

 

今回は

「 人の意見はどこまで聞き入れるべきなのか」

という疑問への僕なりの答えです。

 

 

 

あなたはどんな考え方を持っているのでしょうか。

気になります(笑)

 

 

 

もっといい考えはないのかと

「最上志向」の一面が今か今かとちらちら出てきます。

 

 

 

とりあえず今はこれで落ち着こうかな(笑)

 

 

では、また。